命を脅かす毒を持つハチは速やかに退治しよう
作業員

命を脅かす毒を持つハチは速やかに退治しよう

種類を見極める

蜂

危険が伴います

ハチの巣を発見した場合、駆除や退治を考えるのは一般的です。しかし、ハチの種類によっては危険なこともあります。ハチには腰部がくびれているものと、くびれていない2種類が存在しています。蜂の針は卵管が変化したものになります。毒針で刺してくるのは、腰部がくびれている種類のハチで集団で襲ってくるのと、単独で襲ってくものとがあります。被害の多くは、集団生活をするハチの巣を守るために襲ってきます。また、巣が大型だったり、繁殖の期間だと狂暴化していることがあり注意が必要です。特にスズメ蜂は被害が多く、場合によっては亡くなってしまうことがあります。この蜂はスズメ蜂以外は越冬ができなく、働き蜂は冬が近づくと死んでしまいます。

準備や知識が重要

基本的には、ハチは巣を守るために襲ってくるので近づかなければ大丈夫といえます。しかし、家の敷地内や軒下などに作った場合では退治や巣の駆除が必要になります。攻撃性や凶暴性の少ない蜂であれば、防護する準備や道具があれば自力でも退治が可能と言えます。この場合、殺虫剤や身を守る服装、長い棒、アミや袋などを用意します。スズメバチなどの大型のものや攻撃性の強いハチなどでは素人で退治しようとすると危険があり、近所にも迷惑がかかることがあります。スズメバチの巣を発見したら役所や専門業者に連絡をすることが良いでしょう。ハチは種類によって巣を作る場所が違います。準備や知識がないのに退治を考えるのは危険があるので気をつけましょう。

ペットがいる場合の駆除法

虫

ペットにノミが寄生して家の中で増えてしまった場合、徹底的に掃除してノミ駆除を行いましょう。特にペットが寝るベッドは、洗う・天日干しするなどする事をおすすめします。ただ、ペットに寄生しているノミ自体を駆除しなければ、掃除の効果は発揮されません。

詳細

ハチの巣は早期に撤去を

ハチ

人間の目線より低い位置に巣をつくるのがアシナガバチの特徴です。刺されるとアナフィラキシーショックを起こすこともあるので、アシナガバチ駆除は早期に行うことが必要です。退治は夕方から夜間にかけて行います。駆除が終わってもまた巣をつくる可能性があるので注意が必要です。

詳細

害獣の被害を食い止めよう

イタチ

害獣の1つにイタチがいます。一見可愛らしいと思いがちですが、様々な被害があるので生態を理解しましょう。家に住み着くので、イタチ駆除は専門家に依頼した方が安心です。イタチ駆除を自分で行った場合、考えなければいけないのが二次被害です。糞尿や侵入口が残る場合があるので、専門家に駆除してもらいましょう。

詳細